補足を加えながら進めてゆきます。

妙恩寺は、身延山第三十六世・六牙院日潮上人が書かれた『本化別頭仏祖統記』に一三一一年の閏六月二十六日に開かれたと記されています。
現在の日にちでは、五月八日になります。一三一一年というのは、鎌倉時代。鎌倉幕府滅亡が一三三三年と言われますので、鎌倉時代後期になります。

京都では、花園天皇、鎌倉幕府執権は北条師時から宗宣の代。
日蓮大聖人が亡くなられて三十年にあたります。
『本化別頭仏祖統記』には「日像、日朗を招する時、金原法橋の許に姉の妙恩日如を訪い、その地寺となる、天竜妙恩寺これなり」とあります。
これから数えて七百年ということになりますが、この文章に登場する人物やここに至るまでの話を加えながら、初代住職・二代目住職の話をしていきます。